旦那 いびき うるさい

旦那 いびき うるさい

主人が先に寝ると眠れないし、夜中に私が目覚めても眠れなくなる。

 

 

主人は枕に頭をつけたら3分以内にイビキをかきはじめます。音も大きく、耳障りでイライラするほど。若い頃は然程ひどくなかったのに歳をとるごとにひどくなり、今では無呼吸なども心配してます。イビキがしばらく止まると、何かあったのかと心配するほど、イビキが聞こえるのが当たり前になっています。鼻腔を広げる医療用品みたいなものを勧めても、嫌がります。無呼吸症候群の治療をするにも、病院に行く休みが取れないし面倒くさがって行ってくれません。私も働いているので、寝不足は困るし、何よりイビキの音でイライラするのも私の健康に悪いし。子供たちもあまりのイビキの大きさに、心配してオロオロしたり、寝つけない夜は隣の部屋で気になってしかたなかったと言うこともあります。若い頃はもう少し音も小さくて、隣に布団を敷いて寝ても、音に慣れれば寝れたのですが、歳をとり(中年太りもあるはず)音が大きくなるにつれて、気になってこちらが寝つけないことが増えてきました。

 

イビキの原因となるのは、肥満である可能性もあります。
無理なくダイエットしたいという場合には、おすすめの商品があります。
ミドリムシナチュラルリッチという商品なのですが、おすすめサイトで詳細を確認してみてくださいね。

結局、寝室を別にした。

 

 

若い頃は音も今より小さかったので、主人より早く布団に入るようにする努力もしましたが、毎日そうはいかなくて、布団をかぶってみたり工夫もしましたが、あまり効き目はなかったと思います。私の父もイビキがひどかったので、しかたないこととあきらめつつ、ずっと同じ部屋寝ていました。しかし、子供が大きくなり、私の仕事がフルタイムに、また軽作業から事務へと変化すると、寝不足だと仕事中に眠気が襲ってきてミスをしたらまずいと感じはじめ、とうとう寝室を分けました。その後、転居もしましたが、主人の出勤時刻がより早くなり、それに合わせ寝る時刻が私より2、3時間早くなり、もう同じ部屋で眠ることは不可能になりました。寝室を分ければ、私だけでなく子どもたちも、主人のイビキにひきずられることもありませんが、今は主人の健康が心配です。イビキは鼻の形や咽の状態でかくらしいですが、無呼吸症候群が、健康的にいちばん心配です。痩せるだけてもちがうらしいですが、なかなか痩せられませんね。

こんな記事も読まれています♪

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ